• Sort Blog:
  • All
  • MAGAZINE
  • MEDIA
  • NEWS
  • PRODUCT

MEDIA | NHK おはよう日本でスレートが紹介されました。

12月2日放送のNHK『おはよう日本』のまちかど情報室コーナーにて、ブルックリン スレート カンパニーのスレートが紹介されました。

地層にフォーカスした特集。

伊豆半島の様々な地層に似せたクッキーや発掘体験が味わえるチョコレートなど美味しく楽しめる食品の後にスレートの紹介。

普段からスレートをご愛用いただいているという阿知波さん。

地球の中で長い時間かけて作られるものを食器として楽しめるのはいいとのコメントをいただきました。

ホームパーティーを彩るお皿はもちろんですが、食材の名前をスレートに書いてお子さまが学習しながら食べる。
そんな食育に活用していただきありがとうございます。

EVENT | トークショー in Shibuya LOFT 【イベントレポート】

Shibuya LOFTにて開催中の『Brooklyn Fair』。

ブルックリン スレート カンパニーに関するトークショーを行ないました。

弊社の武田よりスレートという素材について、スレート食器を選ぶ際の注意点などを説明させていただきました。

ブルックリン スレート カンパニー のスレートが採れる採掘場の映像を見ていただき、

どういう所でスレートが採れているかをご覧いただきました。

後半は普段料理をしない武田でもできる簡単な盛り付け例をご紹介。

最近注目のスレートについて、多くの方に知っていただける機会をいただき、

LOFT関係者様ありがとうございました。

Shibuya LOFT

ADDRESS: 東京都渋谷区宇田川町21-1

TEL: 03-3462-3807

OPEN:  10:00 – 21:00

URL: http://www.loft.co.jp/shop_list/detail.php?shop_id=189

EVENT | 盛り付けを楽しむセミナー イベントレポート

2016年1月〜2月、代官山蔦屋書店 2F Anjinさんにて『木と石に親しむフェア』が開催され、

ブルックリン スレート カンパニーも出品させていただきました。

さらにAnjinさんのご厚意により『盛り付けを楽しむセミナー』を実施。

Anjinの現役シェフによるスレートプレートを使った盛り付けデモンストレーション&アドバイス。

同じメニューも食器に合わせて印象をぐっと変えられるのが楽しく

盛り付けのバリエーションが広がったとのお声をいただきました。

盛り付けを楽しむセミナー

BY 能勢シェフ(Anjin)、武田(スターティス)

お料理が好きな方ほど盛り付けに悩まれるかもしれません。

食材が主役はもちろんですが、食器の特性に合わせた盛り付けを

意識するだけでも印象が変わり、盛り付けの幅が広がって楽しくなります。

そこで今回、ブルックリン スレート カンパニーの輸入元、スターティス 武田から

スレートの魅力について説明させていただいたのち、

ニューヨークでシェフ&講師経験のある能勢シェフによる

コンビニで買えるおなじみ食材をきれいに盛り付けるセミナーを実施しました。

イベント専用のコーナーにて、ドリンクとフィンガーフードのお出迎え。

僭越ながらスレートについて説明させていただきました。

ニューヨーク時代でもスレートをよく使っていたという能勢シェフ。

温めたり、冷やしたりできる特性を熟知していらっしゃいました。

Anjinのメニュー『グリーンサラダ』。

もちろん通常の盛り付けも食欲をかき立てられますが、

スレートに素材ごとにならべてみると。。。

串やフォークなどにご自身で組み合わせて楽しむスタイルに様変わり。

さらにコンビニで揃えた食材を映えるように盛り付けるデモンストレーションでは立ち見されるほど。

最後はご試食いただきながら、スレートや盛り付けについての歓談タイム。

主催側でありながら非常に楽しませていただいたイベントでした。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

MOVIE

代官山蔦屋書店 2F Anjin

ADDRESS: 蔦屋書店 2号館 2階 東京都渋谷区猿楽町17-5
TEL: 03-3770-1900
OPEN:  9:00(AM)-2:00(AM)
URL: http://real.tsite.jp/daikanyama/floor/shop/anjin/

FROM THE KITCHEN NY Vol.2

NY ブルックリンのキッチンから届いたブルックリンスタイルのレシピをご紹介します。

SHAKUSHUKA
スパイシーシャクシュカ

BY KEIKO CONNOR

チュニジア起源のシャクシュカ。

普段の卵焼きが簡単に美味しそうな中東風テイスト様変わりするとニューヨーカーに人気の一品。

新鮮なサラダとカリカリのパンでシンプルに合わせるのがおすすめ。

しっかり食べたいときは、 トマトソースに焼いたラム肉のメルゲスソーセージとレモン汁とハリッサソースを加えて。

材料

– オリーブオイル 大さじ4杯

– 玉ねぎ(大) 1個

– 赤パプリカ 2個

– ニンニク 3片 みじん切り

– 少し炒ったドライクミンシード 小さじ1.5杯 ★

– パプリカ粉 小さじ1 ★

– 刻み赤唐辛子  小さじ1/2 ★

– カイエンペッパー 少々 ★

– トマト缶

-フェタチーズ

-卵 4個

-パセリ お好みで

-塩、胡椒

作り方

オーブンを180度に温めておきます。

スキレットまたは鋳鉄鍋を中火で温めたのち、

オリーブオイルを入れ、玉ねぎを軽く炒めます。

赤パプリカを加え、キャラメル色になるまで炒めます。

スパイス類(★)とみじん切りにしたニンニクを加えます。

トマト缶を加え、15分ほど煮込みます。

フェタチーズをちらし、卵を入れるくぼみを4個あけます。

くぼみに卵を1個ずつ割り入れます。塩とこしょうを卵の上に振ります。

白身が固まってきたら、フォークで卵を少し割りトマトソースとからめます。

先ほど予熱したオーブンに蓋をせず、10-12分ほど入れて完成です。

卵を焼きすぎないようご注意ください。

EVENT | Organic Day Japan イベントレポート

2015.10.29 | Organic Day Japan in 表参道ヒルズ

アメリカのオーガニック・トレード協会主催、アメリカ大使館後援の『Organic Day Japan』が表参道ヒルズで開催されました。

ブルックリン スレート カンパニーはオーガニッククルーさんと一緒に参加させていただきました。

今回はハロウィンを意識したディスプレイに。

料理界の大御所、服部先生やオーガニック野菜を作っているハリウッド女優、工藤夕貴さんの講演会など内容ももりだくさん。

ヨガインストラクター、サントーシマ香さんによるヨガレッスンも。

同じく出展していた最高級ドライフルーツやナッツを輸入している株式会社ノヴァさん。

ディスプレイにスレートを使っていて盛り上がりました。

スレートが日本でも広まってきているのを実感できて嬉しい限りです。

オーガニック感度の高い方々にスレートを知っていただけてとても良い機会でした。

イベントが成功に終わった後は関係者が集まってのアフターパーティー。

会場は今回一緒に出展させていただいたオーガニッククルーが運営するnavarre(ナヴァー)

navarre(ナヴァー)はポートランドでベストレストランにも選ばれた『farm to table (信頼する農家から仕入れた新鮮野菜をテーブルに提供するスタイル)』で人気のレストラン。今回はオーナーシェフ、ジョン・タボーダ氏がこのために来日。

さらにアメリカ大使館農産貿易の代表、服部先生、工藤夕貴さんによるスピーチも。

料理に合う食器としてスレートプレートをご指名いただきました。

お料理はとても美味しく大好評でした。

スレートプレートによってさらに魅力を引き立てることができて感無量です。

今日一日、改めてオーガニックとは?そしてその魅力や課題について考えされられました。

日本のオーガニック事情はまだまだこれからな分、今後の広がりがとても楽しみです。

文:武田

Organic Day Japan

オーガニック デイ ジャパン

navarre

ナヴァー

東京都渋谷区神宮前6-12-20 2F

03-3409-3266

11:00~22:00 (21:00 L.O)

Facebook: https://www.facebook.com/navarre.japan

PEOPLE | Vol.1 Brooklyn Ribbon Fries 今村 竜三

『PEOPLE』では、私たちが考えるブルックリンらしい職人魂、熱い志を持って物作りをしている人にクローズアップします。

Brooklyn Ribbons Fries

ジェネラルマネージャー

今村 竜三さん

Interviewer: Mai Yamamoto

駒沢大学駅から駒沢公園へ向かう閑静な場所にブルックリンを感じることができる専門店「BROOKLYN RIBBON FRIES」。

ニューヨークで活躍するシェフ、Kiyo Shinoki氏考案による螺旋状のフライドポテトと何種類ものスパイスをブレンドした甘さと辛さが絶妙なジンジャーエールを楽しむことができる、雑誌でも話題の人気店です。

今回は立ち上げメンバーのジェネラルマネージャー、今村さんをクローズアップさせていただきました。

“ご縁のつながる面白さがいい”

– スタートのきっかけは?

「元々は広告の仕事をしていました。

一緒に立ち上げた仲間と日本で何か新しいお店を始めたいと考えていた時に、マンハッタン・ノーホーで紹介制のレストラン「Bohemian New York」のエグゼクティブシェフ&オーナーKiyo氏との偶然の出会いがきっかけでBROOKLYN RIBBON FRIESが誕生しました。

以前からKiyo氏の頭の中にはフライドポテトとジンジャーエールという構想があり、面白そうで「一緒にやろう!」という流れになりました。

大変だったのはKiyo氏が世界中のジンジャーエールを飲み歩いて完成したレシピを再現すること。ほんとうに苦労しました。何度も試作を繰り返し、ようやく納得のいく味に仕上がりました」

– オープンから現在までの経緯は?

「最初は、表参道の246 COMMON*1で2.6坪の小さなお店を始めました。

お客さんも増え始め、珍しい形ながら美味しいとリボンフライとジンジャーエールが知られてきた頃、246 COMMONがなくなってしまうという話になり、ジンジャーシロップを作れる工房のような場所を探していたところ、ご縁があって今の駒沢の場所に出会い、決めました。

駒沢に住んでいる人々が土地に根付いたローカリズムやコミュニティをとても大事にしているのが、ブルックリンに通ずる気がしたのも理由の一つです」

*1 現在、COMMUNE 246にリニューアルしました。

ジンジャーエールやリボンフライをはじめ、手づくりにこだわった店内は調理している姿が見えて安心。

“ブルックリンのアルチザンスピリット(職人魂)を持った個性が集まり、繋がりを大切にする場所を作りたい”

– お店のコンセプトでもあるローカリズムとは?

「BROOKLYN RIBBON FRIESが大事にしている”ローカリズム”とは難しいことではなく、BROOKLYN RIBBON FRIESというブランドやお店を通して、何をしたら家族や仲間、お客さまがHAPPYになれるかということです。

アルチザンスピリットをもったスタッフの個性を生かし、お店やお客さまを大事にする気持ちが良い雰囲気が生み、それがローカリズムに繋がるのだと思っています。

また”つながり”を大事にしていることから、スタッフがおすすめできる同じ志を持った仲間の商品をショースペースに置いて販売したり、店内奥の壁をギャラリーにしてエキシビションを開催しています*2。

ブルックリンらしさとHAPPYなコミュニティーを感じていただけるお店になっていますのでぜひいらしてください」

*2 ブルックリン スレート カンパニーも期間限定開催いただきました。

『編集後記』

インタビューにあたってお店に足を運ぶこと数回、印象的なのはインタビューしたBROOKLYN RIBBON FRIESの今村さんをはじめスタッフの温かい歓迎ぶり。それは丁寧なエスコートというよりは「おかえり!」に近い安堵感。ブルックリンらしさが感じられる店内はついつい長居したくなる雰囲気です。看板メニューのリボンフライはボリュームあるので気心の知れた友人や家族で囲んで。一人でも気軽に入れますのでぜひ足を運んでみてください。

アメリカのアンティークショーで買付けてきたという雰囲気のあるこだわりの内装はブルックリンにいるかのよう。

独特の形のリボンフライと自家製ジンジャーシロップ

北海道産のメークインを使った珍しい螺旋のリボンフライはさっぱり揚がって美味しくなるそう。

毎日仕込んでいるという、ジンジャーシロップを使ったジンジャーエールは熊本の契約農家のしょうがと厳選したスパイスを使用。大人も子供も楽しめる味。リボンフライとジンジャーエールの組み合わせはぜひ試していただきたいやみつきセット。ジンジャーシロップはオンラインショップでも購入可能。ONLINE SHOP https://brooklynribbon.stores.jp

SHOP INFO

BROOKLYN RIBBON FRIES “KOMAZAWA”

東京都目黒区東が丘2-14-11
TEL: 03-6413-8185
OPEN: 11:00 – 17:00 / 18:00 – 22:30(金、土のみ – 24:00)
定休日: 月曜日

http://brooklynribbonfries.com/

EVENT | Holistic Beauty Life OMOTESANDO イベントレポート

2015.9.12-13 | Holistic Beauty Life OMOTESANDO

日本ホリスティックビューティー協会主催の祭典が表参道COMMUNE246で行われました。

ブルックリン スレート カンパニーも2日間出展しました。

各業界のトップランナーがそれぞれの視点でホリスティックについて講演されました。

大人気の代替医療師Vanillaさん。

会場は健康や美容意識の高い方で賑わっていました。

ブルックリン スレート カンパニーも出展。

スレートプレートは多くの方に気に入っていただけました。

あまりのペースに在庫がすぐに完売してしまい、何度もショップから往復するほど。

そんななか、小さいお客さまにもご興味をもっていただけ、チョークを使ったお絵かきタイムに。

得意というリボンの絵に元気をいただきました。

多くの方にお立ち寄りいただきありがとうございました。

EVENT | ROOMS31 イベントレポート

2015.9.9-11 | ROOMS 31

ファッションとデザインを軸にした展示会『Rooms』に出展しました。

大雨にもかかわらず多くの専門家や業界関係者の方々にお立ち寄りいただきました。

ありがとうございました。

【前日の設営】

「明日からどうなるんだろう?」という期待と不安がよぎりつつ設営しています。

【ROOMS31 開催当日】

そして、いよいよ本番です。

おかげさまで多くの専門家の方々にご興味もっていただけました。

スレートのお手入れ方法

スレートプレートのお手入れ方法をご紹介します。

1. 日常のお手入れ

使用後、中性洗剤をつけたスポンジでやさしく洗った後、自然乾燥させてください。

ソープストーンペンシルで書いた文字が水で消えにくい場合はミネラルオイルをつけた布で軽く擦り自然乾燥させてください。

※食洗機使用不可

2. スペシャルケア

年に3-4回程度、ミネラルオイル(または植物性オイル)で丁寧に拭いていただくとスレートプレートをより美しく保つことができます。

※ 植物性オイルはオリーブオイルやサラダ油がおすすめです。

THE SPOT vol1. BROOKLYN RIBBON FRIES

ブルックリン スレート カンパニー独自の視点からブルックリンつながりやクラフトマンシップ(職人気質)の高いショップ様や飲食店様をご紹介しています。

BROOKLYN RIBBON FRIES

第1弾は独特な形したフライドポテトが話題の『BROOKLYN RIBBON FRIES』。

そんな『BROOKLYN RIBBON FRIES』さんの駒沢店を取材しました。

オーナーがNYブルックリン在住とのこともあり、本場のブルックリン感漂うおしゃれな店内と ブルックリンに共通するクラフトマンシップ(職人気質)あふれるメニューはまさにブルックリンにいるような気分に。

今回なんと『BROOKLYN RIBBON FRIES』さんのご好意により、期間限定でブルックリン スレート カンパニーのスレートプレートを使った オリジナルメニューをご用意くださいました。

SMOKED SALMON BOARD 850円+税

さらに、8月31日まで店内のショースペースにてブルックリン スレート カンパニーを展示していただくことに。 購入もできますので、ぜひ実物や実際に料理に使われている様子をご覧になってください。

Brooklyn Slate Company in BROOKLYN RIBBON FRIES

開催日時: 2015年7月24日 〜 2015年8月31日
場所: BROOKLYN RIBBON FRIES 内ショースペース

※展示は一部製品のみです。

BROOKLYN RIBBON FRIESにいらした際はぜひ人気のリボンフライとジンジャーエールをご堪能ください。

SHOP INFO

BROOKLYN RIBBON FRIES “KOMAZAWA”

東京都目黒区東が丘2-14-11
TEL: 03-6413-8185
OPEN: 11:00 – 17:00 18:00 – 22:30
定休日: 月曜日

http://brooklynribbonfries.com/